他党批判CMは“逆効果”相変わらず他党の粗探しですか!みっともないぞ!


 今回の衆院選で、対立相手を批判する政党のCMを見た人の約6割が、批判された政党ではなく、批判した政党側に対して悪い印象を持ったことが11日、情報通信学会「間(かん)メディア社会研究会」の調査で分かった。研究会の遠藤薫学習院大教授は、自民党の民主党政策批判は「日本で初めての本格的なネガティブキャンペーン」と指摘。“逆効果”になっていたことが調査で明らかとなり、「有権者は良識を持って行動した」と分析。《エキサイトニュース

===============================================
政治の世界では相変わらず相手の粗探しに没頭しているようだが
もっと、足元を見ようよ。1番気になるのは他党の悪を吊るし
上げて置いて自分も同じだったりする「自分の事は棚に上げ・・・」
的ないつもニュースで見ているやつ。最低だね。

また、他党の政策批判は耳にタコだが、そう言いながら
代替の政策、意見、アイディアなんて出た事が無い。
言いっぱなしだ!それって無責任?

まあ、どちらにせよみっともないね!やめようよ。
政策論争ってやつで争ってよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック